現在、CHOCOLATE-CHOCOLATE[チョコレートチョコレート]は2人で活動しています。
好きな物も、作る作品も、性格もバラバラです。
自分が欲しい、作りたいものを作ってマイペースに活動中です。


CHOCOLATE-CHOCOLATEの屋号はまさに、チョコレートから付けました。
作り始めはアクセサリーです。
当時学生で、時間は無限だと錯覚するほどで(そんなことは決してなかったんでしょうけど…)
惚れた材料が手に入ればとにかく作る、作る、作る。
作ったものを机に並べて“よく作ったなぁ”と眺めていると、この感じどっかで味わったことがある。
それはジュエリーショップの輝くショーケースではなく、ショコラティエのショーケースを眺めているときの感覚でした。
口に入れれば幸せになれるチョコレートのように身に着ければワクワクするようなアクセサリーを作りたい、そう思ってチョコレートを屋号にしようと思いました。
でも、1個よりは2個、2個より3個、3個より…
ということで、CHOCOLATE-CHOCOLATEと並べたのです。


学生生活を経て社会人になりましたが、会社に、社会に慣れることに精一杯。
"やりたいことって何だっけ"という具合に日々を過ごすのに精一杯でした。
ようやく社会人というものにも慣れて、自分の周りを見渡せばやりたいことを
少しづつ、小さくても叶えていっている…
それに比べたら私たちアレ?何もしてないねぇということで2008年春に活動を再開しました。
再開にあたり、屋号を新たにという話もあがりましたが、
コンセプトも気持ちもあの頃のままだったので、少し長いけれどそのままに。

甘く、苦く、冷たく、温かく、硬く、柔らかい・・・
チョコレートは変幻自在。
CHOCOLATE-CHOCOLATEも、"日常に少しの特別を・・・"
をコンセプトに色々な小さな幸せをお届けできるように活動していきたいと思います。


こんな2人のためにいつも尽力してくれる友人、家族のみんなには本当に感謝しています。
ありがとう。そして何より…

サイトに訪ねていただいたり、商品をご覧頂いて"ステキ"と思ってくださった皆様に感謝致します。